レンタル

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画感想:『デッドマン・ワンダーランド』

05-31,2008

デッドマン・ワンダーランド 1 (1) (角川コミックス・エース 138-8)デッドマン・ワンダーランド 1 (1) (角川コミックス・エース 138-8)
(2007/09/26)
片岡 人生近藤 一馬

商品詳細を見る

まぁ、前に本棚ページに参加した時もオススメ漫画として紹介してましたが『デッドマン・ワンダーランド』です。ズッパシオススメです。

東京大震災から10年、疎開先の中学に通う五十嵐丸太もクラスメイト達と平凡な生活を送っていた。だがある日学校に「赤い男」が現われ、丸太の運命は一転することになる。無実の罪で死刑宣告された丸太は、完全民営化刑務所「デッドマン・ワンダーランド」に送致されることに…。(Wikipediaより引用)

そんな感じで(どんな感じだ)エウレカセブンの2人がタッグ組んで連載しているわけですが、エウレカの時もデッドマン・ワンダーランドも予想のつかない展開で良い意味で期待を裏切ってくれる。
まだ序盤と言う事で全体像も見えてこないわけですが、とりあえず3巻が出たってことで何度も読み返してしまうわけですが、水無月ちゃんの人格がたまらん。デッドマン・ワンダーランドの興行に出ているにもかかわらずあの性格で生きていけている事がすごかったんですが、やはりな、と言う感じ。
いや、もうエウレカの時よりも描写がグロイ気がするが、罪の枝の特性を考えればまぁ、そんな所。
そういや、囚人は3日に1回キャンディを食べないといけないのだが、3巻時点で食べているのを見るのって1回…?か? ← あやふや
だとすれば3巻で3日しか経ってないって事か。すげー!

※追記
あとで確認してみたら、作中2回食べてました。
デスカーニバルにて2戦した事を考えれば、計3個はある計算。CPがあるので、今後はキャンディを食べる描写は少なくなっていくんだろうなぁ、と思ったよ。


って事で脱線しまくりでしたが、デッドマン・ワンダーランド、ズッパシオススメです。
グロ耐性のある方はどーぞ(にっこり)
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。